ワーママ しろくまっこ の日常

白クマ好きの地黒なアラサー。日々の気になることをまとめたブログ。

GU ・ユニクロ・H&Mで成功者が実践するノームコアスタイルを目指す?!

f:id:shirokumakko:20160629153301j:plain

こんにちは、しろくまっこです。

 

去年の春頃からガウチョパンツが流行りはじめ、いまやスカーチョ(スカート✖️ガウチョ)やスカンツ(スカート✖️パンツ)など、進化形もどんどん出てきていますよね。
妊娠~出産~産後太り←今ここ の私にとって、このゆるファッションの流行はかなりの追い風です。ついでに言うと、重めの毛先・太眉毛も私にとって追い風トレンドです。どうかまたアムラーの様な細眉毛・シャギーの流行が回ってきませんように・・・
 
さてさて、2014年頃NYで流行し、日本でも定着しつつあるノームコアスタイルってご存知ですか?このスタイルは私の目指すファッションにとても近いのでまとめてみました。
 

スティーブジョブズから学ぶノームコアスタイル

「Normcore」は、「Normal(ノーマル)」+「Hardcore(ハードコア)」=「究極の普通」というファッションの造語で2014年頃からNYで流行り始め、日本にも定着しつつあります。

 

そのアイコンといえるのがアップル創業者のスティーブ・ジョブズ

 

彼はいつも同じ服を着ていました。

イッセイミヤケの濃紺のタートルネック

・リーバイスのデニム、

ニューバランス991のスニーカー。

 

Apple新製品の発表会の場面を思い起こすと、確かにこのスタイルが頭に浮かびますよね。

他にも、米大統領のバラク・オバマ氏は毎日同じスーツを身にまとい、Facebookの創業者マーク・ザッカ―バーグ氏はお決まりのグレーのTシャツ×ジーンズのスタイルを貫いています。

なぜ、彼らは同じ様な服を着続けるのでしょうか。

 

それは、日々の生活の中で無駄な決断の数を減らすため。

 

小さな決断でもその数を重ねることによって大きな決断の正確性が落ちてしまう、『決断疲れ』と呼ばれる心理的状態となり、日々の生産性が落ちてしまうというのです。

 

 

シンプルと地味は似ているようで、違う

 

上の3人の例は少し極端ですが、自分のスタイルを確立することで毎日の生活に無駄がなくなり、余裕が生まれる・・ポイントとなるのはそこにさりげないこだわりを取り入れること。

ただ楽だからという理由だけで毎日同じようなスタイルを続けていてはそもそも楽しくないし、モチベーションもあがりません。

 

そのこだわりは人それぞれであっていいと思います。

 

私の場合は「素材」です。サラッと着られ、肌にも心地よい素材、ガシガシ洗濯しても大丈夫なもの、が服を選ぶ基準です。

 

他にも、服を着こなす上でやっぱり「適正体重であること」ってとても重要だと思っています。余分な肉がついていないと、なんでもないTシャツとデニムでもすごく素敵に見えるんですよね~・・・。

 

ノームコアスタイルはユニクロ・GU・H&Mで作る?!

 

私の最近の服装はもっぱらこの3ブランドで構成されています。

ユニクロ:GU:H&M:その他=2:5:2:1くらいです(笑)

その他は靴やアウター等ちょっとお金をかける定番アイテムです。

 

毎シーズン3パターンくらいお気に入りコーデが決まれば、あとはひたすらそれを着たおします。今欲しいアイテムはガールフレンドデニムですが、適正体重に戻るまで買えません(涙)

 

ちなみに色は白、黒、ネイビー、グレー、キャメル(ベージュ)、カーキのほぼ6色しか持っていません。夫君もほぼその6色しか着ないので、休日の色味がまるかぶりな時もしばしば(笑)

息子にだけはカラフルなものを着せようという気概はありますが、気付くと同じ配色になっていることも多いです。

 

ノームコアを突き詰めれば幸せか

ミニマリスト・・・憧れはありますが、なりきれない自分がいます。

 

「シンプルを極める」、「無駄を排除する」・・・ビジネスシーンではそれが正解なのかもしれませんが、1つも無駄がない生活も少しつまらないですよね。

 

私は、シンプルを軸に、季節や流行に合わせて無駄と思われるもの、自分の心が安らぎときめくものも取り入れていきたいです。