ワーママ しろくまっこ の日常

白クマ好きの地黒なアラサー。日々の気になることをまとめたブログ。

【妊活、母乳育児、ダイエットに!】万能のお茶ルイボスティーの効果

f:id:shirokumakko:20160623221916j:plain

こんにちは、しろくまっこです。

 

我が家の冷蔵庫には常に2種類のお茶が常備されています。

夫君用の黒烏龍茶と、私用のルイボスティーです。

 

私がルイボスティーをはじめて飲んだのは、まだ高校生の頃。

とある博多ラーメンの店でした。

麦茶だと思って飲んだら初めての味!でも、すっきりして飲みやすいなぁ~という印象でした。

なにやら女性にうれしい成分がたくさん含まれていると知り、妊活時代からせっせと飲んでいたんですが、早3年、今では飲まないと落ち着かないくらい大好きなお茶です。

 

今日は、そんなルイボスティーの効果をまとめてみました。

 

ルイボスティーの効果は?どうやって飲むのが正解??

 

 

ルイボスティーの原料であるルイボスは、マメ科のアスパラトュス属の一種で南アフリカ共和国のある一部の地域にのみ自生する植物です。

 

1日カップ2~3杯以上を目安に継続して飲むことが良いとされています。

また、ルイボスティーに含まれる健康やダイエット、不妊に良いと言われている成分『フラボノイド』は、10分以上煮出すことでしっかりと抽出されていきます。 

 

我が家では、電力料金の安い夜、または朝に鍋でコトコトその日に飲む分1.5ℓを煮出しています◎あたたかいのも美味しいですが、冷めてからクーラーポットに移し替えて。つめた~くして飲むのもとても美味しいです^^

私はいつもこちら↓のものを楽天で購入しています。通常100個入りで1,000円ポッキリ!それだけでもお安いのに、こちらのショップでは定期的にタイムセールを実施していて、私は最安値の777円の時に2袋まとめて購入します。1つで1.5ℓ分煮出せるので、1回あたり約8円!驚異のコスパです。

他にもたくさんルイボスティーは出回っていますが、私が初回購入を決めた理由として『オーガニック』であること、レビューが良いこと、何よりお安いこと!!がありました。本当におすすめです^^


 

 

妊活の心強いパートナー!飲むことで妊娠しやすい身体に?!

 

 ルイボスは加工されることのない自然な茶葉なので、カフェインを含まず妊活中、妊娠中、はたまた赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲むことができます。

 

また、ルイボスティーに含まれている亜鉛やミネラル、ポリフェノール卵子の質を上げる効果を持ち、SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)という抗酸化成分が活性酸素を除去することで卵子の老化防止にも役立ちます。さらには、排卵周期を整えてくれるので、タイミングもとりやすく、妊娠しやすい身体を作ってくれます。

 

また、亜鉛には黄体形成ホルモンを活性化させる働きがあるため、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促します。エストロゲンの量が増えることにより子宮内膜が厚くなり受精卵を迎えやすいフカフカの子宮を作ってくれるのです。

 

私は、妊娠が判明した後も、流産しないか、ちゃんと育たないのではないか・・・とあらゆる心配をしていましたが、そんなときは温かいルイボスティーを飲みながら、ゆっくりリラックスしてお腹に話しかけていましたよ。

 

他にも、生理痛の軽減や、冷え、むくみ防止など、女性のあらゆる悩みにルイボスティーは効果を発揮するようです。

 

デトックス効果も!ダイエット中、授乳中の女性の救世主

 

先でも挙げたSODという酵素には身体の毒素を排出してくれるデトックス効果があるため、老廃物をため込むことなく痩せやすい身体を作ってくれます。

 

また、ルイボスティーには多くのミネラルが含まれており、栄養バランスも抜群。

 

人の身体の中のミネラルバランスに良く似ているため、飲むだけでママの身体のミネラルバランスが整います。母乳の質を高めサラサラに保つことで、乳腺炎予防にまでなると言われているんですよ。赤ちゃんの健やかな成長にも欠かせない飲み物ですね。

 

 他にも、加齢臭、二日酔い、糖尿病、高血圧(なんと!水虫にもいいとか)にも効いちゃうルイボスティーは、ぜひ夫君にも飲んでほしいんですが紅茶嫌いな夫君は敬遠しています。。

でも、きっといつかルイボスティーの絶大な効果に気付き、飲み始めると確信し、妻は今日もルイボスティーを煮出しています。