ワーママ しろくまっこ の日常

白クマ好きの地黒なアラサー。日々の気になることをまとめたブログ。

【便秘改善!ダイエットにも!】グリーンスムージーの絶大効果6つ

f:id:shirokumakko:20160704095109j:plain

 

こんにちは。しろくまっこです。

 

今日は最近の我が家の朝ごはんを紹介します。

我が家の朝はグリーンスムージー作りから始まります。

そう・・世の中のモデルさんや美意識が高い人が飲んでいるという印象が強いグリーンスムージーですが、流行っているのも納得!本当~にいいことづくめなんですよ。

 

美肌効果・ダイエット・便秘改善・・・いいことづくめのグリーンスムージー!~我が家ではじめたきっかけ~

それは2013年6月に遡ります。当時夫君と私はアパートで同棲生活をしていました。

 

夫君の健康診断の結果が返ってきて唖然・・【血糖値】、【尿酸値】、【コレステロール】、【中性脂肪】すべてにおいて基準値を大きく上回っていました。

 

1か月後の再検査を目指し、なんとか食生活を改善しようと辿り着いたのは当時まだ流行りはじめだったグリーンスムージー

当時の朝食はお互い働いていて私はコーヒーだけ、夫君は滅多に食べず、たまに市販の野菜ジュースという生活でした。

私も学生時代から朝ごはんを食べる習慣がなく、スムージーであればはじめやすいんじゃないか、しかも朝だけなら・・と、ハードルもそんなに高くなく、なによりモデルさんみんな飲んでるし!というミーハー心でスタートしました。。

(ミキサーは、生理周期を整えるために生理予定日1週間前から飲んでいたりんご豆乳※一口大に冷凍したりんご6~8カケに豆乳150㏄を加えてミキサーするだけ。すごく美味しい&生理痛が和らぐ&周期通りにピッタリくる!こちらもおすすめです★を作るためにすでに調達済み)

 

私が使っているミキサーはこちらです↓

グリーンスムージーを作るうえで重要なのは氷や凍った果物を砕くパワーがあること。

そして見た目のおしゃれさも重要です◎

なんか、おしゃれなことしてるな~♪というモチベーションアップにもつながるし、キッチンに出しっぱなしにしていてもインテリア性があるのでしまいっ放しという事態を未然に防げます!

 


 

 購入して3年経った今でも、ハイパワーは衰えません。

 

初めて飲んだ時の感想は、

「こんな緑みどりしてるけど、意外とイケる!」

 

f:id:shirokumakko:20160704095139j:plain

 

ちなみに、私は市販の野菜ジュースが苦手です。(野菜生活の紫とか、フルーツの味が強いものは大丈夫)

そして何より、たった3週間そこら続けた効果は絶大でした。

あんなにガタガタだった夫君の再検査の結果はすべて基準値内!!!特に血糖値と中性脂肪の減り方が顕著でした。

 

そして、私にもうれしい効果はいくつも見られました。

 

・栄養ドリンクいらず。グリーンスムージーパワーで疲れにくい身体に。肌もワントーン明るく?!

営業職の私は、慢性疲労が溜まっていて特に朝は身体が重く、通勤途中の自動販売機で2日に1回は栄養ドリンクを買ってはごまかしごまかし働いていました。

栄養ドリンクを飲むと、10kgの鎧が1kgくらいに減る感じがして、完全に依存していたんですよね。

しかしグリーンスムージーをはじめてからは朝の体が見違えるように軽く、肌の疲れもとれ、鏡をまともに見られるようになりました(それまではくすんだ肌と疲れた目元で朝会社に着いた後のトイレでは鏡をなるべく見ないようにしていた笑)

 

もちろん、ダイエット効果&便通改善効果も。もともと便秘ではない私ですが、はじめてからは朝家を出る前、必ず決まった時間に、するんっと気持ちよくでるようになりました。

 

グリーンスムージーの基礎知識・注意点・我が家流黄金比率レシピ

グリーンスムージーとは?グリーンとフルーツと水をブレンダーで混ぜ合わせたもの。材料と作り方は驚くほどシンプルなのに、毎日コップ1杯飲むだけでもよい変化が次々と起き始めます。

グリーンスムージー公式サイトgreensmoothie.jpより

グリーンスムージー 飲むときの注意点

注意点1.お腹がからっぽで吸収率の高い朝がベスト!

ゆっくりと噛むように、そして飲んだ後40分くらいはほかの食べ物は口にしないことが身体全体に栄養を行き渡らせる秘訣なんだそう。

 

注意点2.でんぷん質の野菜はNG!

例えば、ニンジン、キャベツ、ナス、豆類等のでんぷん質を含む野菜はフルーツとの食べ合わせが悪く、腸内にガスが発生しやすくなってしまうので避けた方が良いそうです。

 

注意点2.冬場は避けるのがベター

グリーンスムージーは冷たい飲み物である故内臓を冷します。

それにより不妊や代謝の低下・・など飲む時期によっては逆に弊害をもたらすことも。

我が家では主に春~秋口にかけて飲んでいます。自然と、今年も飲みたい!と思う頃が飲み時です^^

 

我が家の黄金?!比率定番レシピを紹介

グリーンスムージーのレシピはとってもシンプル。

 

①新鮮なグリーン

②旬のフルーツ

③水

以上です。

 

ダイエット目的にはグリーン:フルーツの割合は4:6が良いそうですが、はじめは3:7くらいからはじめると青臭さがまったくなく、続けやすいです。

私もフルーティーなのが好きなので3:7の割合でいつも作っています。

 

コップ2杯分の分量は、

・小松菜orちんげん菜 (この2つが青臭さが少なく飲みやすい◎市販で売っているものであれば1束が目安)

キウイフルーツ1/2個 

・グレープフルーツ(赤がおすすめ)1/2個

・りんご 1/8個 or  バナナ 1/2本

・水 150cc位? ミキサーが回りやすい量で調整します。

 

キウイ、りんごは皮ごと入れます。

りんご、バナナは出来れば生の方が良いのでしょうが、我が家は安い時にまとめ買いして一口大に冷凍しています。冷凍した方が、舌触りがまったりではなくスッキリするので飲みやすくなると思います。

バナナは安い時で1房10円なんて時も!熟している方が美味しいので真っ黒いバナナが見切り品に並んでいたら買い!です。

 

ちなみに、材料費は、

・グリーン 98円の時しか買いません 4束入っているので約24円

・キウイ  1玉98円なので49円

・グレープフルーツ 1玉98円なので49円

・りんご・バナナ 見切り品なので1回10円未満

合計すると2人分で約132円・・・一人分約66円で出来ちゃいます!

栄養ドリンク1本買うより断然安いですよね~。

作る時間も朝の5分程度です。

 

ちなみに、頑固な便秘の方で「今日ぜったい出したい!!」という方は一度モロヘイヤで試してください。面白いほどスルン!するるん!!と出ますよ。

※ただし、味の保証はしません・・^^;

 

グリーンスムージーの効果まとめ ~はじめは、1週間のうち2日、3日からスタートしても◎グリーンスムージーで健康的な毎日を送ろう~

よくいわれる、グリーンスムージーの効果は以下の6つ。

  1. 生活習慣病の予防 
  2. 認知症の予防
  3. 健康的なダイエット
  4. 便秘改善
  5. 肌トラブルの改善
  6. アンチエイジング 

血糖値や中性脂肪の値を正常値に戻してくれた他にも、さまざまな効果をもたらしてくれるグリーンスムージー。生の野菜とフルーツしか入っていないのでたっぷりの酵素を含んでいます。そして、この酵素こそ、老化の速度を速める活性酸素を減らしてくれるのです。いいことづくめとはまさにこのことです。

こんなに美味しく、手軽に健康的な身体をキープできる万能朝ごはん。夫君の信頼度も180%です◎